岩戸山ほぼ2畳大学

京都・岩戸山町にある江村ビル3階(AKIKAN・小脇 内)“ほぼ2畳”のスペースのキャンパスです。 毎月第2水曜日にオープンキャンパス開催中です!(同じビルの劇場が公演活動中は、俳優さんたちの控室に代わるのでお休みします)授業開催もこちらでお知らせいたします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/13感劇学部「観て感じる学科(13)」開催です

感劇学部とは、お芝居を観劇した直後に、観劇中に感じていたことをああだこうだ話したり
感想を視覚化したりゲーム化したり、時には出演している俳優さんをゲストに迎えたりしながら
お茶を飲みながらみんなで深めていく授業です。

日程:11月13日(日)15時30分ごろ〜(14時の回終演後スタート)
教材:ユニット美人のコント公演「笑ひたまひ 鎮めたまへ」
場所:KAIKAの上(AKIKAN)(京都市下京区岩戸山町440江村ビル3階:1Fにファミマのある建物です)
授業料:500円(喫茶付)

11月13日(日)14時~の回、終演後にそのまま上の階AKIKANへお越しください。

お申し込み:facebookページ

メール:hobo2joh★gmail.com
(★を@に変えて送信してください)

ユニット美人の公演チケットはこちらからご予約ください。
https://ticket.corich.jp/apply/77034/

観劇したみなさんの率直な感想と、もやもやするであろう気持ちを、感劇学部でぶちまけませんか?
自分の感想を語ったり、他人の感想を聞いたり、感想を視覚化するワークをしたり、掘り下げてみたり、交差させてみたり、平行線を辿ってみたりしましょう!
初めて参加の方も歓迎しております。

今回の演劇作品は、ユニット美人です!
出演者も感劇学部に参加します!

直接忌憚のないご意見、ご感想お聞かせください。
スポンサーサイト

3/22「イスラーム文化学部」初授業です!

今回は、日本在住インドネシアのイスラム教徒でもあるハリアディさんをお迎えしてお話も伺います。また、過去にイスラム圏でボランティア活動や旅をして、たくさんのムスリムと触れ合ってきた私(日高)もユル担当として、現地の生活写真紹介&お話をさせていただきます。
授業進行はもちろん、今やいろんな人の架け橋となっているたけうってぃさんです。

興味関心のあるかた、おまちしております!

◆日時:2015年3月22日(日) 13:00-16:00
◆場所:岩戸山ほぼ2畳大学(アートコミュニティスペースAKIKAN内)
京都市下京区岩戸山町440江村ビル3階(1階がファミリーマートの建物)
アクセス:阪急烏丸駅、市営地下鉄四条駅から徒歩5分

◆学費:700円~スライド制(800円~出せる人は好きな金額を入れてください)
※イスラーム圏の食べ物と喫茶付

◆定員:9名ほど(先着順)

◆申込方法:
・方法①…facebookイベントページの「参加」ボタンを押して『参加します』等のひと言コメントもしてください。
イベントページ
・方法②…メールにてお名前と参加人数をお知らせください。
メアド "hobo2joe★fringe-tp.net (★を@にかえて送信してください)

◆プレゼンター、ファシリテーター:
・ハリアディ・パムンカスさん(インドネシア語通訳・コンサルタント)
・日高ゆき(ほぼ2畳大学 学長・ワークショップデザイナー)
・竹内祐輔(ワークショップデザイナー)


~イスラーム文化学部 学部長 竹内祐輔より~

「イスラーム」に対して、我々日本人はどんなイメージを持っているでしょうか?連日テレビや新聞で報道されているようなヨーロッパや中東での過激派によるテロ行為を思い浮かべ、「怖い」、「何を考えているかわからない」、「あまり関わりたくない」と考える人がいるかもしれません。最近中東で起こった日本人殺害事件によってこうしたイメージがさらに過激派だけでなくイスラーム全般に対する嫌悪感、排除・差別意識が日本人の中に広がってしまうことを恐れます。
「過激派と一般のムスリム(イスラム教徒)を同一視してはいけない」とよく言われます。そうしたことは頭ではなんとなくわかっているつもりでも、私たちはそもそも「イスラーム」とは何か、どんな宗教・文化で、どんな人たちが信じ、実践していて、日本の文化とどう違うのか、共通点はあるのか、ということについてほとんど知らない、よくわからない、という人が多いのではないでしょうか。実際のイスラームについて知らない・理解しないまま、メディアが伝える断片的な情報に振り回されて否定的なイメージや嫌悪感を増殖させ、偏った見方しかできなくなってしまうのは私たち双方にとってとても不幸なことだと思います。

1/25(日)「お魚てびらきワークショップ」開催します!

★1/25(日)「おさかな手開き」ワークショップを開催します!★
お魚てびらき

お魚てびらき2


おくればせながら、あけましておめでとうございます。
学長のヒダカです。

突然ですが、「魚をさばくこと」は、お料理ができる人のバロメーターのような気がしていました。包丁をいかに使いこなせるか…というような。

しかし!「魚は包丁を使わなくても手を使って上手にさばけるのだ」という事を知りまして、しかも子供でも簡単に調理できるというので、そんな面白そうな方法があるのならば、みんなで学んで調理をしようという事になりました。
今回は、舞鶴のお魚屋さん「かねと食品」の嶋田さんの協力を得て、舞鶴のおいしい魚をつかって‘魚の手開き’に挑戦しましょう。
しかも、より多くの人に体験していただけるように、このワークショップでは助成金を獲得しましたので、参加費も無料です。

◆日時:2015年1月25日(日)
①ひるげ回:10:00-13:00
②ゆうげ回:15:00-18:00

◆場所:アートコミュニティスペースAKIKAN

◆申し込み:メールかFAXでお申し込みください。
メアド:hidaka★fringe-tp.net(★を@にして送信してください)
FAX:075-276-5779
件名「お魚てびらき参加」
①参加回②なまえ③電話番号④参加人数(小学生以下は年齢を明記)

◆参加費:無料

◆対象:5歳以上~
※小学生未満は保護者同伴。(託児サービスは、ごめんなさい!ありません。)

◆定員20名(先着順)

◆講師:「お魚かたりべ」嶋田善文さん
◆料理講師:山上公実さん

京都府農林水産部「食育のたね」交付金事業

12/10(水)19:00~オープンキャンパスです

【オープンキャンパスのお知らせ】
こんにちは。学長の日高です。
10月11月と、イベント利用のためお休みしていた岩戸山ほぼ2畳大学オープンキャンパスですが、12月は開催できそうです!

日時:12月10日(水)19:00~21:00
場所:岩戸山ほぼ2畳大学(京都市下京区岩戸山町440江村ビル3階)

新町通りと高辻通りの角にある1階がファミリーマートの建物です
参加費:500円(お茶お菓子付き)

テーマ:京都で太陽の塔ロボを愛でながら、ええ茶筅でたてるお茶会

岩戸山ほぼ2畳大学のキャンパスと同じフロアにある(いや、そもそも小脇の応接室をほぼ2畳大学が占拠しているのですが…)コワーキングスペース小脇の池田さんが入手した超合金「太陽の塔ロボ」を見たい触りたいという私の個人的願望をオープンキャンパスのネタにしました。
この太陽の塔ロボ、一部の方々の間では話題になっていたので、せっかくだからみんなで鑑賞しましょう。
ついでに、池田さんが購入したちょっとお高いええ茶筅を使って、お茶会もしてしまおう!と思っています。

岡本太郎好き、太陽の塔好き、超合金ロボ好き、茶道具好き、茶会好き…気が向いた方は遊びに来てください。
ついでにご自身の太陽の塔グッズ等を見せびらかしたい方もどうぞお持ちください。

アルコールも持ち込み可です。
参加申込みは不要です。今回もユルく開催しております。

※太陽の塔ロボを愛でるお茶会ですが、「ロボ」なので、場所は京都です。間違って万博公園に行かないようご注意ください。

4月6日(日)「観て感じる学科(5)」授業開催!

桜の頃、あの舞台がついに登場です。
劇団衛星のファックジャパン(本名:元林伸雄)さんの独り舞台
「愛はないとぼくは思う」

サイトの公演詳細にはたった一言
「俺が、初めておっぱいを見たのは…」

しかも背景デザインがとてもなまめかしく美しいです。
ファックジャパン独り舞台サイト


なんでしょう、なんなのでしょう…
フィクションなのかノンフィクションなのか…観客を歓喜と混乱の渦に巻き込む舞台ではないかと思っています。
これは「感劇」し甲斐がありますね…!

しかも、特別ゲスト(ぶっちゃければファックさんのおかんです)も授業にゲスト参加していただけないか現在交渉中です。どうなるでしょうか…。

◆日時:4月6日(日)11:00-14:00頃 (公演受付10:30~)

※11時開演の公演を観劇することから始まります。観劇前の集合はございませんので、直接2Fの劇場「KAIKA」へお越しください。 
観劇終了後に、3F「ほぼ2畳大学」キャンパスにお越しください。

◆場所:京都市下京区岩戸山町440 江村ビル(1階がファミリーマートの建物です)
<観劇の部>KAIKA:2階  (11:00-11:50)
<ランチ&授業の部>岩戸山ほぼ2畳大学:3階(12:00-14:00)

◆参加費(★観劇料金+ランチ・デザート代込みです。)
<事前申込み>→2000円
<当日申込み>→2500円

※すでに公演チケットをお持ちの方は、差額分をいただきます。

◆事前申込み方法:
方法①facebookにて→イベントページ「参加予定」を押す
感劇学部「観て感じる学科(5)」授業

方法②メールにて→hobo2joeアットマークfringe-tp.net (アットマークを@にして送信してください)
 お名前と当日連絡可能な電話番号を明記の上お申し込みください。

◆当日申し込み方法:
ほぼ2畳大学に直接お越しください。

◆定員:12名(先着順)
  
◆観劇演目:ファックジャパン独り舞台「愛はないとぼくは思う」
ファックジャパン独り舞台「愛はないとぼくは思う」
(チケットはサイトからもお求めいただけます。)

<衝撃のあらすじ>
ファックジャパンという名前の俳優。
本名、元林伸雄。
1979年、3月30日、父、孝志。母、三重子の愛の結晶として、大阪市に元林家長男として生まれる。
そして2011年。31歳最後の日、包茎手術を受ける。
それは局部の余っている皮を除去する手術で、もちろんそれはエロいことに活用するために行ったのだが、
お恥ずかしい話、それ以後思っていたようなエロいことはまだできていないのが現状である。
2013年1月。そんな現状に業を煮やした伸雄は自分のルーツを探るために母親に話を聞きに行く。
母親が結婚する前に付き合った人との思い出話と、伸雄の思い出話を、劇作家ごまのはえが劇的にしてもう一度思い出す私の物語。


~おまけ話~
お芝居のタイトルにもなっている「愛はないとぼくは思う」は、昨年9月に行った感劇学部の授業で、ファックさんが友達図鑑さんのお芝居を観た感想だったのです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。